10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 10

Kerberos

ハイリスク&ハイクレイジー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

信じることはやがて確信へと変わる 

一気に岩場モードに転換しそうな心を抑えつつ、高知の黒潮おじさんに連絡。
基本あの人のセレクトには間違いがない。(たまにハイボールあり)
岩へ向けられる鬼畜のような情熱には頭が上がりません。あ、褒め言葉ですよ。

んで、とある渓谷へ。
ひたすら道なのか未知なのかわからない路を進み、着いた渓谷では恐怖すら感じる美しい岩たちがひしめきあっていた。

ああ・・・
アップしよう

「益荒男」という課題を堪能しつつ、「SHAPE SHIFTER」で登る喜びを噛みしめ・・・完全に満たされそうになってしまった。

よし、ここからは生きている実感を得るための作業を始めなくてわ。

新たなラインに「お前は登れんのか?」と問いかけらたからには、それに答えるしかない。
毎度毎度そうだけど「お呼びでない」ラインも存在する。
でもそれをなんとか解決できるようにしたい。だからこそトレーニングするというのも一つの理由。

黒潮さんが教えてくれたラインは、確実に問いかけてきた。
そして、用意されたようなホールド配置、限られたムーブ、構築していくだけで楽しかった。
一箇所フルスパンからのランジが解決できなかったが、やはりそこは神の配分スタンスが存在し、奇跡的に解決できた。
そして繋げて一回目。
よほど集中していたのかすべてのムーブがはまって登れてしまった。
もっと時間がかかると思っていたのに・・・
IMG_20130328_104422_convert_20130328104900.jpg
登ってるのは「ここにもいたよ、同職Tダさん」&スポッターは「おひさしぶりです、横ランジさん」

めっちゃカッコイイです。
自分的四国ベスト10入りしました。
名前は「アカシックレコーダー」
グレードは三段(V11)じゃないかな・・・例の如く再登お願いします。
クラックのような縦ガバを両手で持ってSDスタート、あとは昇天するだけ。。。
※黒潮さんのブログに動画あるよ

そんで近くにこれまた黒潮さんが一番良いラインを紹介してくれた。って高!
そう、結構高い。
そう、それは黒潮さんが登った「Moon Shadow」
悔しくなるくらいカッコイイラインだった。うらやましい。さっそくトライ。
が、足が見当たらなくキャンパでやったら撃沈。
二回目にしっかり足を見つけて、上部も気合で突っ込んだら登れた。
最高。

んでその左隣のラインも気になり、やってみることに。
こっちはさらに上部核心で、おまけにランディングがヤバイ。
意を決した5回目のトライで上部に到達し、あとはそのツルツルホールドに立ちこんで・・・慎重にホールドを探って・・・マントルを返した。正直見てる方は冷や冷やモノだろうが、登ってる本人は至って普通。いや、もう「落ちる・滑る」はずが無いと確信していたから。

なにわともあれ、またまた一押しラインが完成した。
「Moon Shadow」のスタートホールドの左手ガバカチを両手で持ってスタンディングスタート。
グレードは「Moon Shadow」二段を参考に、三段(V10)ではないかと・・・
まぁ高さも加味しちゃってますが・・・
名前は「Fear the moon」(フィアーザムーン)
写真がないのが残念です・・・

とってもボルダリングらしい課題となったと思います。是非やってみてください。
最後に案内していただいた黒潮さんありがとうございました。また行きます。
そして手違いにより革靴でのアプローチを覚悟していた所を助けてくださったニコルさん、本当にありがとうございました。

いやしかし、まだまだあるんだよな~プロジェクト。。。がんばろ。。。。
スポンサーサイト
2013/03/28 Thu. 11:38 | trackback: 0 | comment: 0edit

スーパーなサイヤ人 

どどど
更新してないやん。

だってめんどくさい
正直。
ただ、コレやめたら何も発信しないただの独りよがりボルダラーにな・・・
いや逆に孤高でカッコイイかも・・・

と、まあこんなこと考えてたら更新遅くなってしもうて。
ざざーっとこの数ヶ月のこと書くと、まずトレーニングして、指壊して、それでも大会には出て、あれ?いけるんじゃね?と思ったのもつかの間やっぱり準決落ちして、後輩には背後まで迫られて、海外では爆発してやろうと決意した27の春でした。

そんなこんなで我慢しまくった岩にこの前行ってきた。
10月のまだ暑いころ1日だけ行った三重の宮川へ。
あんときはすんごい暑くて高難度できなかったので、今回は三段以上を目標に。

初日はキングジョー三段とイエローアイ三段を登った。やはり季節が違うと断然良い。
あ、三重のスーパーケイタマンもおった・・・ので一緒に登った。
二日目は一之瀬に行くんで指皮&体力温存しようと思ったけど・・・やっぱりそれは無理なお話で、結局コルベット四段のムーブばらすことに。。。

初登者のMオカムーブは強度が高すぎて繋がる気配なしのため、2手増やした独自ムーブを開発。
コレだと個々ムーブの強度がほぼ同じになる感じ、ただ繋げてトライして思ったのだが、どの道やはり強度は四段クラスだということに変わりがないようだ。

二回だけ繋げたが結局登れなかった。
弱い、詰めが甘い。

そして次の日一之瀬へ。我がT中S兵師匠を名古屋から呼びつけ、道案内をさせる予定が・・・IC降りてから迷うこと2時間、彼はひたすら弟子の僕に謝り続けた。今度こんなことしたら師匠から舎弟にしようと思う。
彼の名誉のため名前は伏せるが、最近アガルタを登って調子に乗ったアラフォークライマー田N周Hである。

ま、エリアについてさっそくアップ。
岩が痛い。ガビガビ。しかも二段からやるという強行っぷり。
僕はあんま深追いせずにこのメガロドン?は師匠がトドメをさしてくれた。
次にずっとやりたかったファイア三段へ・・・が楽しむまもなく瞬殺してしまったためカツオノエボシ三段へ。

IMG_0460_convert_20130317201238.jpg
この岩さらにガビガビ。
ムーブは師匠と大坂の方?が作ったやつを横取り!瞬殺!

さて、夕方になったのでゴンザレス二段へ。
欠けて二段になったらしいが、見た瞬間、目で殺せたので、やっぱりフラッシュ成功。
ちゃんと弟子のお膳立てをしてくれたヨレヨレ師匠に感謝。

IMG_0462_convert_20130317201406.jpg
ゴンザレスな師匠

んで時間あったのでボブ四段もやると。。。
ムーブが体にあっているのかどうだかわかんないけど、かなりサクサクムーブ完成。繋げて一回目でなんとゴンザレスに合流ガバ手前まで到達。
おお、これはできるんじゃ・・・と思ったけど、やっぱりここでも詰めが甘く結局登れず。

なぜ?
それは弱いから。
スーパーなサイヤ人になりたい。
世の中強い人間ばっかり・・・今日も名古屋の同業者(たぶん日本で「人」ではない人類のナニカだと思う)からメールがあり二日間で僕の四国コレクションを再登しまくって、挙句の果てにストイシズムSDを完成させたらしい。
ありえん。。。

てなわけで黒潮さん・・・新しい課題フューチャーにできたよ。
2013/03/17 Sun. 20:41 | trackback: 0 | comment: 2edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。