09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Kerberos

ハイリスク&ハイクレイジー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

羅生門 

やっと近代の記事に追いつきました。
今回は早く書いてほしいという要望がたくさんあったため尻に火をつけて書いております。
昨日は本当に寒くこっちでは雪が降っていました。今回行ったエリアも雪が積もっており、何度かやめようと思ったのですが、しばらく仕事で岩にいけないので強行して行くことにしました。

岡山某所に着いたのは11時過ぎ、奇跡的にその岩だけは雪が積もっていなくトライできそうでした。さっそくチョークをつけてアップするが本当に寒くて帰りたくなりました。体感温度は2℃ぐらい。一緒に行ったオカモトも凍えながらテナヤナをやっていました。
僕もアップする課題がないのでしょうがなく今回の狙いであるテナヤナダイレクトプロジェクトをアップとしてやることに。

この課題は去年M富君に教えてもらったラインで、昔から岡山のプロジェクトラインとしてトライされていたようです。前回来た時は二手目のゴミカチ取りができず、自分の引き付け力の無さを呪いました。
それからコソコソとトレーニングを重ね、イメージトレーニングとしてナーレの動画を見まくりました。本当にナーレがやるような課題だと自分で思い込んでいました。

この日は前述したように凍えるような寒さで、こまぎりでムーブ練習を繰り返しアップしました。
課題の構成としては実質3手の課題で、一手目が初段ぐらい二手目が二段ぐらい、三手目が恐怖を入れて二段ぐらいでしょうか。
テナヤナは右奥のガバからスタートするのですが、如何せん低く、足がよく地面にあたってしまいました。また、その数手を足してもグレードに影響が出ないことも確認したので、このテナヤナダイレクトプロジェクトは中央のダイクカチからスタートすることにしました。これでも十分SDでスタートできるし、なによりすっきりしていてカッコいいです。

というわけで、さっそく解決していない二手目を取る練習をしました。ですがやはり強烈に悪く最初はタッチするのが精いっぱいでした。そしてついに二手目が止まり・・と同時に絶望が襲いました。
二手目が止まればこっちのもんだと思っていたカチはこの傾斜で持つには本当に悪く、次のガバカチへのランジにいく気になれませんでした。

本当にショックでした。でもその時確信しました、これは四段あると。
その三手目取りは傾斜130℃ぐらいなため部分練習できず、諦めて下からつなげることにしました。
何回か二手目も止まりランジの体勢に入ったのですが、勇気が出ません。
しかし、何回目かのとき二手目と自分がリンクする瞬間が訪れました。思い切ってランジするとガバカチに指がかかりました、が、体はそのまま落ちてしまいました。
絶望だと諦めていたのにここで気持ちが切り替わりました。生きるか死ぬか。生きるために鬼になるしかないと。
指皮も限界をむかえていたので、ラストトライと決めて取り付きました。

一手目はもはや余裕で握りこむ。

二手目は疲れてきたせいか、少し取り外れる、でもここで鬼になるしかないと決めて激しく握りこむ。

問題の三手目。
その瞬間、勢いよくランジすれば恐らく振られに耐えることができないと頭が冴える。
ふわっと出してみる。

止まった。

けど振られ方が尋常ない。弧を描いて足先が天を向く。ヤバイ死ぬ。
耐えろと左手をさらに握りこむ。

一回振られに耐えてから何故か息が苦しい。
そう、いつからか呼吸してなかったようだ。無理やり叫んで呼吸をする。

あとはもう落ちれない一心で登りきる。
岩の上に立った時、左手の指から出血していることに気づいた。
本当にすごい瞬間だったと自分でも思う。おそらくもう訪れないであろう瞬間が確かにそこにはあった。

いろいろ考えてみたがやっぱり四段だと思う。トライ日数が2日間で、自分の苦手な少数手の課題ということを考えても、その価値は十分にあるのではないだろうか。

名を

『羅生門』

「四段」

とする。

それからは気が抜けていたが最後に矢掛に行ってプロジェクトをトライした。
やっぱり上部のカチが悪く、掃除したのにも関わらずまた欠けてしまった。このプロジェクトはムーブを変更しなければいけないのかもしれない。だが、いつかは登りたい。


運よく撮れたのでどうぞ。オカモト氏ありがとう。
スポンサーサイト
2015/02/02 Mon. 16:14 | trackback: 0 | comment: 5edit

コメント

こわいよーこわいよー。。。。こわいよー。。。。

弟子 #- | URL | 2015/02/02 16:57 * edit *

恐れることはない、鬼になればいいのだよ。
茨木童子がそうであったように。

ぺス #- | URL | 2015/02/02 23:09 * edit *

困るわぁ~
黒潮プロダクション呼んでもらわんとぉ!

黒潮 #/Qo2uXNc | URL | 2015/02/03 16:34 * edit *

黒潮さん

あれ?黒潮プロダクションは高知以外の出張可能なんですか?笑

ペス #- | URL | 2015/02/04 12:36 * edit *

ヨセミテ、ビュークス、ベルドン、フランケンユーラ、その他諸々 出張させて頂いております。ただ腰がアレなんで運転は2時間以内、王子ヶ岳がギリになります。

黒潮 #/Qo2uXNc | URL | 2015/02/04 14:12 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://pessmugwort.blog4.fc2.com/tb.php/139-ff99a44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。