03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Kerberos

ハイリスク&ハイクレイジー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

年が明けて 

初登りは徳島へ。
アベちゃんと待ち合わせてるパンセのあるエリアへ
着いて早々まーくんとかと濃いからみを終えてアップ終了。
さっそくパンセ・二段をやってみる。上部が悪すぎてメンタルブレイクしそうだったがなんとか登れた。これおもしろいなー
DSC_0152_convert_20150120114929.jpg
こっそりとSDパンセを登ってしまうアベ様。

次に隣にある小男鹿・三段をやってみる。どうやら得意系なので核心はそんなにそんなにだった・・・のでSDでやってみることに。まーくんやアベちゃんから暖かいヤジを受けつつ何とかかんとか登りきることに成功。グレードはたぶんお値段据え置き三段だと思うけど・・・三/四段でもいいかも。まだ岩が安定してなくて上部でリアルブレイクしたので気をつけてください。私がタイガーアッパーカットでブレイクしたら、まーくんはサマーソルトキックで蹴散らしてました。

次にアベちゃんのPを一緒にトライさせてもらうことに。
このプロジェクト、マジカッコイイんだけどマジ難しいんです。一手でV12あるような気がします。
ちょっと雰囲気を醸し出して終了の鐘がなるころ、一緒に来てたオカモトが桜花を登った。最近著しい成長を見せているオカモト。
次にカツラギ・二段のあるエリアへ。カツラギはかっこいいんだけど指皮を大根おろし器に捧げてる感が半端ない。少ないトライで登れてよかったよ。
んでまたまたアベPへ。今度はガビガビのルーフで痛い。しかも見た目以上に難しい。潔く敗退。とりあえず上部の蔦類を今度撤去しようと思う。
んで最後は1級のマントル課題。名だたるクライマーが挑戦し、完登者が2人しかいない?らしく、まさにそこは聖域と化していた。そう、ケモノのう○こがまき散らされていたのだ。。。岩の周辺にだけティックマークのように。
まさに神の領域。
早くこの領域から脱出しなければ普通の人間など数分も・・・んでうまいことマントルできたので3人目の賢者となれた。

おわり
2015/01/20 Tue. 12:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

精神論 

昨年の年末の話になってしまいますが、九州の日之影と比叡に行ってました。
今回の九州では四段以上をトライすべく行く前から自分の標的をリストアップして向かいました。
しかし、結果から言うと何にも登れませんでした。
もう本当に結果がついてこないことは自分の実力不足以外の何者でもありません。
一緒に行っていたタカタは私が標的にした課題すべてを登りました。わけのわからん強さでした。
そしてその後ものすごくメンタルが崩壊しました。
確かに初段や二段の一撃を何本かしました。しかし満たされません。四段から三段に格下げになった課題も登りましたが、全くうれしくありません。
正直クライミングが楽しくありませんでした。なにをやってるのかわからなくなりました。自分がしたいクライミングとは何だろうと年末からずっと考えています。今まで自分のプロジェクトや人から教えてもらったプロジェクトを登ることに楽しさを見出していた以上、既成課題への執着心というか登りたいというモチベーションが欠如しきっていたように感じます。
しかし、自分の課題を作る以上他の人の課題も登らなければグレードという曖昧な指標がさらにとんでもなく曖昧になってしまうような気がします。だからこそ既成課題を登るのだと解釈してきました。
もちろん既成課題でも心を揺さぶるような課題に出会うこともあります。そんな課題はもちろん楽しく、登った時の感動は計り知れません。しかしそれが自分の登れるグレード以上だと悔しい思いをします。単純に考えたとき、それが今までの自分のモチベーションだったのだと気づきました。
だけど、それだけじゃ物足りなくなっているのだと同時に気づきました。今まで苦手だと思って避けてきた課題たち。2mしかないような岩なんて登らん!と決めていた自分。もっと足の指先、手が岩を触った瞬間、頭の先から飛んでいくような感覚。これらを磨いたときまた新たなモチベーションに繋がるような気がしました。
ま、要するにいろんなクライミングしてみろってことです。
なんか話脱線してますが、今回の九州ツアーではある意味大きな収穫があったように思います。特にメンタル。

あ、そういえば諸注意ですが日之影は基本ナイトボルダーOKのようですが、石棚エリアだけはナイトボルダー禁止とのことです。僕らがトポをダウンロードした2014年12月10日時点では書いてありませんでしたが、その後追記されたようです。
やはりそのエリアの情報はしっかりとリアルタイムで確認しなければと思いました。申し訳ありませんでした。
2015/01/16 Fri. 15:55 | trackback: 0 | comment: 2edit

その岩に指皮をめり込ませろ 

忘れる前にとりあえず書いとかなきゃな。
クリスマス前に同級生のオカモトと共に…とりあえず岡山のとある岩場?をM富くんに教えてもらった。
これまたかなり良質な課題や岩があって最高でした!
まずはテナヤナ 初段
201412261430329d9.jpg

ランディングが斜めなのがちょっと怖いですが、めっちゃ良い課題でした。
次に真ん中のプロジェクトをやったんだけど、かなり悪かったなー。
ナーレになりたいと思う課題でした。いや、この際ジミーでもいいや。
しかしトレーニングすればできないことはなさそうなのでがんばります。
次は付喪神 二段のあるエリアへ
付喪神は最後のランジですっぽぬけして死にそうになったけど、無事生還していた笑
それを間近に見ていたオカモトは、カイジでよく見る生か死のワンシーンのようになってしまった…ごめんよ。
黒潮さんがいたら間違いなくcrazyの称号を俺に与えてくれるだろう。
そのあとアベちゃんが登ったという満月 二段をやったのだが、一段目のマントルに黒い苔?が大量に付着していたためにゅるにゅるで返す気が起きなくて諦めた。こんどデッキブラシで掃除しよう。
最後に矢掛の親指くんの岩に行ったら、めっちゃ良い岩でした!時間なかったから親指くんだけを堪能して帰りました。
また寒波のときにでも行こう。
2014/12/26 Fri. 14:54 | trackback: 0 | comment: 0edit

オラに指皮を 

先週の週末はなんと四国が雪に閉ざされたので、コンペのあった矢掛へ。
仕事終わりにオカモトと合流して12時ごろ到着。
エンクラの予定だったけど最初に見た岩で興奮したのでエンクラ返上。

アップしてまずは「篤姫 初段」。
スラブで乗り込みとか一番苦手分野。
でも意外にさくっと登れた気がする。次に興奮した岩のある「エープリルフール 初段」へ。
これは得意分野なので一撃。でも最高に面白い課題なので矢掛に来たら是非やってもらいたい。オカモトはリップ一手前で敗退。バランス悪いからねー。でも次いけるよ!

次。
トクシマに生息するはずのアベちゃんをモンスターボールで捕まえることに成功・・したので仲間にする。
DSC_0137_convert_20141212122201.jpg
さっそく「メイフライ 初段」と「チリチリ丼 初段」を食す。
どっちもさくっと終わったので次。あ、そういえばチリチリ丼は限定があるらしい。右側のガバフレークは持たずに一番高いところ抜けるらしい???。よくわからないのでジャリジャリしたカチで二番目に高い頂にデッドしといた。アベちゃんの写真とまったく一緒の感じ。

今回メインのシシ神岩へ。
まずは「シシ神 初段」にトライ。チョーかっこいいのだがさくっと終わってしまった。
次。「パラダイムシフト 初段」いよいよシシ神の本領発揮といった感じで難しい。どか落ちして死にそうになりながら、何度か上部に到達する。が、わからない。
ここで合流したスプリン一家と名前について議論する。パラダイムシフト・・・もしかしたら、とムーブ試したら。。できたー!
これおもろいっす。でも初段じゃないかも。。。
DSC_0138_convert_20141212122258.jpg
後ろの木にジャンピングスクリューエルボをくらわすスプリン氏。

次に「パラダイスギンガ 二段」という一手ものの課題へ。
最初、モンスターボールからアベちゃんを解き放つ・・・いい感じでひねりムーブして止めそうになっているので、真似する。
一回で指皮ボロボロになる強烈な課題。二回目も同じ感じ。んで悟る。これ、違うくね?
そう、正体で飛んだ瞬間余裕で止めれた。とりあえずポケモンセンターでアベちゃんの回復を待つことにした。


その間「ツチノコ 二段」をトライ。
DSC_0139_convert_20141212122229.jpg
あれ?まだ回復してないのにアベちゃんがおる。。。
なんかスタートからめちゃ遠いカチにデッドするムーブと右アンダーからいく手順とがあるみたいだけど、迷わず遠いカチにデッドした。だって手数長くなるの嫌なんだもん。
そこから数手で行き詰まり、勝手にモンスターボールから出てきたアベちゃんから神の一声、「それ、持てるよ、信じて」との言葉に「信じられん!」と返すオレ。
「いや、イケるで」の返答に覚悟決めヒールする。も、持てるやん。。。アベちゃん。。。このときアベちゃんは進化したようで、傍から見てもヨレヨレの状態でツチノコを登ってしまう。次に会ったときはハイパーボールぐらいじゃないと捕まえられないかもしれない。。。
そのままちょこっとオープンプロジェクトをやる。可能性をヒシヒシと感じたが夕方でハイボールでランディング悪いの三拍子なのでまた次回。
西のエリアや鉄塔エリアも行ってみたいな。
2014/12/12 Fri. 13:52 | trackback: 0 | comment: 0edit

忘れる前に 

もう二週間も前の話。
ちょうど風邪もひいてしんどいのでさらっと書いときます。

まずは岐阜は遠いということ、つまり今の時期着いたら夕方。
なのでさっそくライトONでゲロックのランドロックをトライ。
1417763913020.jpg
去年ぐらいに買った充電式ライトですが、これヤバイです。値段は光の強さで変わり、特売で6000円?で買いましたが、めちゃ良いです。フル充電で5時間は余裕で持ちます。僕も仕事柄道具オタクなのですが、ぺツルのヘッテン(電池別系統バージョンは除く)は最大でも200ルーメンくらい。でもこれは1600ルーメンなんです。。。発光色は6000K。。。車のヘッドライトと同じ。なので直視すると目がやられます。ただ残念なのが中国製なので作りは決して良くありません。
あ、話脱線しました。
ランドロックは超カッコ良かったのでソッコーでムーブ作って登りました。やっぱ漢ならランジムーブってことでね。
むしろランジムーブの方が僕には合ってるようでした。
さて、この日はこれで終わり明日からの決戦に備えた。

翌朝、フクベの仙人と化しているトメさんとともにプロジェクトめぐり。
アップからさっそくハンター・三段をやることに。1時間ぐらい打ち込んでなんとかゲット。
んで隣のプロジェクトは・・・タカタがすでに登ってた!?課題名はガンナー・三段
まあ時間も惜しいのでムーブだけばらして次のプロジェクトへ。
が、ここで2つ目のプロジェクトで完全にハッマってしまう。ムーブの解決は速攻でできたのに完全にはまる。
近年こんなにストレスを感じるクライミングは久しぶりだ。そのあとも何回かやったができず、敗退。
しょうがなくしょぼしょぼ他のプロジェクトを見て最後にトミタさんが初登したザ・サン 初段をやることに。これはめっちゃかっこいいので死ぬ気でマントルしました。登れてよかったです。

次の日。
もう朝から死にそうなので夕方まではタカタのおもり。
んで夕方に転勤ズリメガネ・初段へ。
1417763922344.jpg
これがかなりおもしおかった。スラブだけど、イケイケムーブです。

んでその隣にある岩に新しいラインを引くことに。
きれいな100℃ほどのフェイスにカチが散らばっていてかっこいい。
スタートは胸あたりにある、形状ピンチ右手で左手カチなんだけど、離陸の仕方がトリッキーで面白い。
後ろから見るとまるでワールドカップ方式のスタート。つまり四本指定があるみたいな。スタートポジションで絶対一時停止してしまう。手足限定してるわけじゃないけどそのスタートしかきれない不思議な課題。
まぁこの課題は左左に登ってく感じだけどめっちゃカチ痛いです。途中からランジもできるかもしれませんが、それは限定的なのでそれはタカタにまかせて・・私は一般的なやつを初登。
名前はクアトロ 二段
動画のせときます。
次の日はもうお腹いっぱいでサスカッチ初二段を登って終了。
あー風邪しんどい。


 
2014/12/05 Fri. 17:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。